水周りを治している男性
トイレのトラブル発生

業者に依頼する

水漏れ修理は早い段階で修理依頼をしたほうが状態が悪化していないので修理費用も抑えることが出来ます。状態が悪化してからですと大がかりな工事になることもありますから出費がかさんでしまう場合もあると言えます。

この記事の続きを読む

古代の排水設備②

漏れた時の行動

水漏れ修理をするときは業者に依頼する前に自分でチェックしてみたり、不動産会社や大家さんに連絡してみることが大切です。そちらの方が安価で行えることがありますし、大家さん負担ですべて修理してくれる場合もあります。

この記事の続きを読む

シンクの修理中

水回りのトラブル

水回りのトラブルは誰もが経験する可能性があります。トイレやお風呂、台所で水漏れの可能性があり早めに対処を行うことで被害を減らすことができます。業者に依頼を行うことが一般的です。

この記事の続きを読む

水漏れの対策

古代の排水設備①

水道まわりの水漏れ修理をする場合は自分でできることは自分ですると安く上がります。蛇口をしめても水漏れが起こる場合は、水道工具セットがあれば修理できます。水道の蛇口を取り外すのに便利なのがレンチセットです。レンチセットがあれば水栓上部のナットや根元の太いパイプナットなどを取りはずして内部を修理できます。 経年劣化による水漏れならパッキンを取り替えることで水漏れが直ります。パッキンを取り替えるときは、上下を間違わないようにしてセットすることが大事です。パッキンを取り替えても直らない場合は水漏れ修理業者に相談すれば自宅まで来て修理してもらえます。水漏れ修理を依頼するときは、よく業者を選ぶことが大切です。

水漏れ修理に必要な工具は、ホームセンターで買うことができます。1000円〜3000円ほどで売られています。インターネットなら1000円以下で売られているレンチセットもあります。交換するパッキンは100円〜200円で購入できます。水漏れはいつ起こるか分からないので、買っておくと便利です。 修理業者に修理を依頼したときにかかる費用は、水漏れの度合いや故障の原因によって異なります。蛇口の内部にある劣化したパッキンの交換だけなら1万5千円でできることもありますが、もっと深刻な水漏れだと3万円以上の修理費が請求されることもあります。蛇口のそのものの交換が必要な場合は、新しい蛇口の代金も必要です。また、出張料金や消費税なども負担になります。